海南スタイル

韓国のアーティスト、PSYの「海南(カンナム)スタイル」という曲が欧米で大ヒットしている。特にYouTubeで公開されたミュージックビデオは公開から2か月で再生回数が1億回をヒットするという注目ぶり。その後も次々と記録を塗り替えている。

日本ではさほど話題にならなかったが、欧米でなぜか話題になっており、そのパロディもあちこちでお目見えしている。なぜそんなに話題になるのかというと、スタイルの悪い、見栄えもよくないアジア人のおじさんが、欧米のダンスミュージックを見事に演じているというそのギャップが受けているとのことだ。

世襲の独裁国家のどこかの国のトップに似た風貌の男性が、身のこなしもよろしくダンスミュージックを踊る。曲がまた単調で覚えやすく乗りのいい曲ときているから楽しくなってくるのだろう。

欧米に比べるとスタイルは悪いし見た目も劣るアジアの人が、そこを逆手にとって歌い踊る様が欧米人のツボにはまっているということだ。

このダンスミュージックはまた、赤ちゃんにも人気で、この曲をかけると泣き止むともいわれている。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.